毎日新聞より。
アメリカとカナダの一部で、ミツバチが巣箱に戻らず、大量に失踪する現象が相次いでいるそうです。
「群崩壊症候群」と呼ばれているんだとか。
もちろん原因は不明。

世界の生産量の70%を生産している、カリフォルニア州のアーモンドは、その受粉を全てミツバチ達が行っているそうな。
ミツバチが職場放棄で失踪すると、養蜂家はもとより、農作物にも大打撃で商売上がったり、という記事を読みました。

何か、これをきっかけに、今後アーモンドの値段が更に上がって行きそうな予感
杞憂で済めばいいのですが…ミツバチの頑張りに期待。
【2007/04/14 21:16】 | 独り言 | コメント(0) | page top↑
<<類友。 | ホーム | 良いな~。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |