ハバロフスク3日目後半。
台風18号の影響で、朝から雨と強風が続いておりました。
さすがに開店休業状態になるかなーと思ってましたが、それでもお客様がいらっしゃったりして、ありがたい事でした。
マツヤも全く被害なく、台風は無事にやり過ごせたようです。
良かった良かった。

で、ハバロフスク3日目の後半。

街を知るには市場へ!というのと、お土産探しも兼ねて、中央市場へ。
ムサカを食べたレストランから、ムラヴィヨーヴァ・アムールスカヤ通りを歩きます。

SANY0403_convert_20091003194344.jpg
アムールスカヤ通りの風景。
「ハバロフスクで一番賑やかな通り(ダーシャさん談)」というだけあって、人通りも多く、また奇麗に整備された通りでした。

SANY0398_convert_20091003194115.jpg
アムールスカヤ通りの風景その2。
非常に趣のある建物ばかりで、歩くだけで楽しい通りです。

途中、通り沿いにあった「ロータス」や「ツム」というデパートに寄り道。
お土産的な物があるかな~と思ったんですが、主に現地の人の利用がメインといった感じの品揃え。

SANY0407_convert_20091003194756.jpg
通りの突き当たりにあるレーニン広場。
…って、何でこんな何もない場所を撮ったのだろう。
噴水とかあったのに。。。

広場からアムールスキー並木通りに出て、目的地の中央市場に到着。
広い!活気がある!そして日本人いない!
異国情緒満載の市場で、自分達のお土産用に、蜂の巣入りハチミツ、セロファンで個包装されたゼリーとチョコ、袋入りのプリャーニクを購入。
プリャーニクは、小さいコッペパンのような形。
模様の無いプリャーニクとは、初めて出会いました。

お酒とかあるかしら~と思ってたんですが、見当たらず。
その辺りを求めて、今度はNKデパートへ行ってみようとなり。
カール・マルクス通りを歩いて、「нк」マークのデパートへ。

NKデパートは大きなショッピングセンターで、1階が食料品販売スペース。
ここで、お土産物的な奇麗に包装されているチョコレート、ロシア風っぽい焼き菓子、現地のチーズ、ハバロフスクで製造されたウォッカと、それっぽい物を購入してみました。
これでお土産もOK!

いったんホテルに戻り、休憩してから夕食へ。
ハバロフスクで最後の夕食は、「ルースキー」にしてみました。
こちらは日本語のメニューがあり、管理人でも安心してオーダー出来るお店です。
ここでは…何食べたんだっけ
サービスで出てきた食前酒(ウォッカ)で最初から酔ってしまったので、記憶が曖昧なのであります

あ、そういやデザートは写真に撮ってたんだ。

SANY0409_convert_20091003194246.jpg
ケシの実のタルト、サワークリームソースを添えて。
手加減無しのギッシリさで、ケシの実が入ってます。
素朴ではありますが、とても美味しかったです。
ちょっと真似したい。

「ルースキー」を出たのが夜9時過ぎ。
“夜10時以降は出歩かないで下さい“という注意を受けていたので、早足でホテルへ戻る。

SANY0410_convert_20091003194313.jpg
その途中で見かけた、ライトアップされてるウスペンスキー大聖堂。
思わず立ち止まって写真撮ってしまうほど奇麗でした。

真っ暗な道を急いで通り過ぎ、ホテルへ無事到着。
これにて3日目は終了。
ひたすら歩き続けでクタクタになりましたが、とても充実した1日を過ごせました
【2009/10/08 21:11】 | 独り言 | コメント(0) | page top↑
<<ハバロフスク4日目。 | ホーム | ハバロフスク3日目。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |