書けない。
そんなルボーク。
店長が、移転リニューアルする際に新しいお店に飾りたいと考えていたんですね。
民衆芸術という事で、重々しくない雰囲気でロシアっぽさが出るんではないか、と。

それは良いアイデア!という事で、改装工事を行っている頃から、マツヤの細くて薄いロシア関係人脈を駆使して、国内で購入出来るお店を探したんです。

が、これが皆無。
日本国内では無理ではないか…という結論に。

現地行かなきゃダメかーとがっくり来ていた所に、ロシア関係人脈のお一人から「ちょうどロシア出張が入ったので、現地でルボーク探してきますね!」というご連絡が。

マ ジ で ー !
なんてタイミング!
お願いします!お願いします!

という事でクエスト発注し、その方見事にお仕事達成。
件のルボーク『カザンの猫』をマツヤに届けて下さったのでした。
入手経路・経緯は「極秘で」との事。
まぁそのあたりは気にしない方向で。

そんな経緯でマツヤにこのピョートル君がやってきのでした。
ちなみに「ピョートル君」と命名されたのも、ルボークゲッターの方だったりします。

ピョートル君がマツヤに届いたのは昨年の11月ごろだったんですが、あまりの忙しさに
額の用意もままならず、お正月休みを利用してようやくお店に飾る有様でした。
で、現地での入手経路も極秘扱いという事で、さてどうやってブログで紹介したもんかなーと考えているうちに月日が過ぎまして。
そんな中で先日ルボークゲッターの方にお会いした際に、「早く紹介して(意訳)」とのお言葉を頂戴し、よし!と気合いを入れて、ようやくブログでお披露目させていただいた次第です。

そんなマツヤのルボーク「ピョートル君」、お店で皆様をお待ちしておりますので、ご来店の際はマジマジと見つめてあげて下さいませ。
【2008/07/29 20:36】 | 独り言 | コメント(0) | page top↑
<<秒読み。 | ホーム | カザンの猫。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |